Razerが新たなVRヘッドセットを発表 ― 「OSVR」でハードとソフト両面のオープンソースを目指す | GameBusiness.jp

Razerが新たなVRヘッドセットを発表 ― 「OSVR」でハードとソフト両面のオープンソースを目指す

その他 その他



ゲーム周辺機器メーカーのRazerは現在開催中のCES 2015にて、新たなVRヘッドセットを発表しました。同社は「OSVR(Open Source Virtual Reality)」なるプラットフォームによってハードウェアとソフトウェアの両面でのオープンなアクセスを目標に掲げています。



OSVRはUnity 3DやUnreal Engine 4などのポピュラーなエンジンに加えて、STEMやLeap Motionのようなモーションデバイスをサポート。更にはOculus RiftやTotemといった他のVRヘッドセット向けの開発もサポートされるとの事です。また、公式サイトではVRヘッドセット本体の図面や部品リスト、全ての回路図が公開されており、ユーザーが独自のVRヘッドセットを制作する事も可能となっています。



RazerのVRヘッドセットは「OSVR Hacker Dev Kit」として2015年6月にローンチ予定。価格は199.99ドルとかなりお手頃です。Oculus Riftの登場以来、大きな盛り上がりを見せているVR業界。Razerの参入で更なる発展が期待できそうです。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら