中国空軍、初のゲームをリリース 戦闘機パイロットになって栄誉ある称号を目指す | GameBusiness.jp

中国空軍、初のゲームをリリース 戦闘機パイロットになって栄誉ある称号を目指す

中国メディア、テンセントニュースによれば、中国人民解放軍の空軍は初のスマホ向けゲームとして『ゴールデンヘルメット』を来月初旬にもAndroidで配信開始するとのこと。珠海航空ショーにて発表されました。

その他 その他
中国メディア、テンセントニュースによれば、中国人民解放軍の空軍は初のスマホ向けゲームとして『ゴールデンヘルメット』を来月初旬にもAndroidで配信開始するとのこと。珠海航空ショーにて発表されました。
  • 中国メディア、テンセントニュースによれば、中国人民解放軍の空軍は初のスマホ向けゲームとして『ゴールデンヘルメット』を来月初旬にもAndroidで配信開始するとのこと。珠海航空ショーにて発表されました。
中国メディア、テンセントニュースによれば、中国人民解放軍の空軍は初のスマホ向けゲームとして『ゴールデンヘルメット』を来月初旬にもAndroidで配信開始するとのこと。珠海航空ショーにて発表されました。

『ゴールデンヘルメット』は空軍と民間のゲーム会社が共同開発する作品で、3Dで楽しめる本格的なフライトシューティングゲーム。トレーニングやキャンペーンモードを通じて腕を磨き、機体を強化しながら中国空軍の戦闘機パイロットにとって最も名誉ある称号である「ゴールデンヘルメット」の獲得を目指します。

航空ショーでトレイラーを観た、あるファンは「これまで沢山のミリタリーゲームを遊んできましたが、それはどれも海外で作られたものでした。初めて中国空軍がゲームを作ると聞いて嬉しく思います。トレイラーは期待できる内容で、中国空軍に加わるのを今から楽しみにしています」と話したとのこと。

軍隊がゲームを作るのは中国が初めてではありません。こうした取り組みは国民の軍隊に対する意識を高めたり、イメージを向上させることに繋がると考えられています。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら