スマホ向けメッセージングアプリのTango、元グリーのJim Ying氏を迎え2,500万ドルのゲーム系投資ファンドを設立 | GameBusiness.jp

スマホ向けメッセージングアプリのTango、元グリーのJim Ying氏を迎え2,500万ドルのゲーム系投資ファンドを設立

スマートフォン向けメッセージングアプリ「 Tango 」を提供するTangoMe, Inc.が、世界中のゲームディベロッパーをサポートするため2,500万ドル規模のゲーム投資ファンド「 Tango Global Games Fund 」を設立すると発表した。

その他 その他
スマートフォン向けメッセージングアプリ「Tango」を提供するTangoMe, Inc.が、世界中のゲームディベロッパーをサポートするため2,500万ドル規模のゲーム投資ファンド「Tango Global Games Fund」を設立すると発表した。

Tangoは無料通話、メッセージ送受信、テキストチャット、スタンプ、ゲームなどが利用できるメッセージングアプリで、現在約2億人のユーザーを有している。2013年6月にサードパーティの開発者向けにSDKを公開しTangoと連携するアプリやゲームの提供を開始しており、数少ないアメリカ発のスマートフォン向けゲームプラットフォームとしても知られている。

同社ではファンド設立に合わせてゲームパブリッシング部門のリーダーとしてGREE Internationalに在籍していたJim Ying氏を迎え、今後ゲーム開発者を資金面やマーケティング、広告ネットワーク等で支援すると共にTangoでのモバイルゲーム配信により注力していくという。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら