米スマホ向けメッセージングアプリ「Tango」、「Channels」機能を拡充しエンタメコンテンツ発信に注力 | GameBusiness.jp

米スマホ向けメッセージングアプリ「Tango」、「Channels」機能を拡充しエンタメコンテンツ発信に注力

その他 その他

アメリカのスマートフォン向けメッセージングアプリ「  Tango  」が、同サービス内の機能「Channels」を拡充し、音楽などのエンターテイメントコンテンツの発信に注力すると発表した。
  • アメリカのスマートフォン向けメッセージングアプリ「  Tango  」が、同サービス内の機能「Channels」を拡充し、音楽などのエンターテイメントコンテンツの発信に注力すると発表した。
アメリカのスマートフォン向けメッセージングアプリ「Tango」が、同サービス内の機能「Channels」を拡充し、音楽などのエンターテイメントコンテンツの発信に注力すると発表した。

Tangoは無料通話、メッセージ送受信、テキストチャット、ビデオチャット、スタンプなどを利用できるメッセージングサービスで、昨年よりソーシャルゲームの提供や音楽ストリーミングサービスのSpotifyと提携し楽曲配信を行ったりと、メッセージに留まらないサービス提供に注力している。

「Channels」機能は今年の6月に追加された機能で、外部のコンテンツホルダーがTango内に”チャンネル”を開設し、ユーザーに対し自社が持つコンテンツを発信できるというもの。

既に音楽共有サービスのSoundCloudやミュージック・ビデオサイトのVevo、ニュースサイトのBuzzFeed、動画共有サイトのVimeoなど30種類以上のチャンネルが開設されており、ユーザーは好きなチャンネルをフォローすることでソーシャルメディア上で話題のニュースや音楽、映像など様々なコンテンツをチェックすることができる。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら