LINE、「LINE Creators Market」にてユーザーが制作したスタンプを販売開始 | GameBusiness.jp

LINE、「LINE Creators Market」にてユーザーが制作したスタンプを販売開始

その他 その他

LINE株式会社  が、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「  LINE Creators Market  」にて本日より審査が完了したスタンプの販売を開始した。
  • LINE株式会社  が、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「  LINE Creators Market  」にて本日より審査が完了したスタンプの販売を開始した。
  • LINE株式会社  が、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「  LINE Creators Market  」にて本日より審査が完了したスタンプの販売を開始した。
LINE株式会社が、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」にて本日より審査が完了したスタンプの販売を開始した。

「LINE Creators Market」は、世界中のLINEユーザーがLINEスタンプを制作・販売することができるプラットフォーム。4月17日から登録受付を開始し、現時点でクリエイターの登録数は約3万人を超え、登録申請されたスタンプは5,000セットを突破しているという。なお、クリエイター登録者のうち日本国外のユーザーが約4割を占めるなど、グローバルでのスタンプの制作・登録も始まっているとのこと。

本日より審査が完了したスタンプは、該当スタンプを登録したクリエイターが「LINE Creators Market」の管理画面から順次公開できるようになり、公開されたスタンプは「LINE ウェブストア」上で販売・購入することができる。販売されたスタンプ売上のうち50%がクリエイターに分配され、前月までの分配金額が1万円を超えると管理画面から振込申請を行うことができ、振込は申請の翌月に行われる。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら