LINE、ユーザーが制作したスタンプを販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」の登録受付を開始 | GameBusiness.jp

LINE、ユーザーが制作したスタンプを販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」の登録受付を開始

その他 その他

LINE株式会社   が、同社が運営するスマートフォン向け無料通話・メールアプリ「   LINE   」にて ユーザーがデザインしたオリジナルスタンプの登録受付を開始した。
  • LINE株式会社   が、同社が運営するスマートフォン向け無料通話・メールアプリ「   LINE   」にて ユーザーがデザインしたオリジナルスタンプの登録受付を開始した。
  • LINE株式会社   が、同社が運営するスマートフォン向け無料通話・メールアプリ「   LINE   」にて ユーザーがデザインしたオリジナルスタンプの登録受付を開始した。
LINE株式会社が、同社が運営するスマートフォン向け無料通話・メールアプリ「LINE」にてユーザーがデザインしたオリジナルスタンプの登録受付を開始した。


「LINE Creators Market」は、LINEのトークで利用できるスタンプを世界中のLINEユーザーが制作・販売できるプラットフォーム。同社では本日より「LINE Creators Market」のWebサイト上にてクリエイター及びスタンプの登録受付及び審査を開始しており、これを通過したスタンプは5月以降に日本・タイ・台湾・インドネシアで展開する「LINE ウェブストア」で発売される。なお、今後「LINE ウェブストア」も順次対応国の拡大を予定しているという。「LINE Creators Market」で制作されたスタンプは1セット40種類100円で販売され、クリエイターには売上のうち50%が分配される。

登録の手順についての詳細はこちら
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら