『EVE: Valkyrie』、UnityからUnreal Engine 4に乗り換え | GameBusiness.jp

『EVE: Valkyrie』、UnityからUnreal Engine 4に乗り換え

その他 その他

アイスランドのレイキャビークにて「EVE Fanfest」を開催中のCCP Games。モニュメントのお披露目からスタートした本イベントは5月1日から3日まで続けられ、「開発者10人 VS 格闘家」ステージなど密かな注目を集めています。そんなイベントで同社が開発中のVR対応スペースコンバットシム『EVE: Valkyrie』に関する新たな情報が発表されました。

発表された情報は、今までUnityで開発を行っていた『EVE: Valkyrie』の開発環境をUnreal Engine 4へと移行するというもの。シニアプログラマーのSigurour Gunnarsson氏は「UE4のライティングエンジンは、Unityのそれよりも大幅な改善ができる」と語っており、グラフィックに関する向上が期待できます。

また本作のボイスアクターに海外SFドラマ「宇宙空母ギャラクティカ」でカーラ・スレイス中尉役を務めたケイティー・サッコフ氏を抜擢。Valkyrieのリーダーの女性Ran Kavikとして参加することが明らかになっています。

その他、ゲームには重戦闘機や支援戦闘機が存在することが明かされており、機種に応じた役割の変化を匂わせています。Oculus RiftとProject Morpheusに対応したVRスペースコンバットシム『EVE: Valkyrie』はPS4/PCに向けて2014年内のリリースが予定されています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら