【GDC 2014】Glu Mobileが分析するグローバルな基本無料業界トレンドと成功するためのコツ | GameBusiness.jp

【GDC 2014】Glu Mobileが分析するグローバルな基本無料業界トレンドと成功するためのコツ

その他 その他

今年のゲームデベロッパーカンファレンスでは、モバイルゲーム業界が特に注目を浴びています。今こそが成長期だと考えられているこの業界の成り行き、またグローバルの観点からみた業界について、Glu MobileのChris Akhavan氏がセッションを催しました。
  • 今年のゲームデベロッパーカンファレンスでは、モバイルゲーム業界が特に注目を浴びています。今こそが成長期だと考えられているこの業界の成り行き、またグローバルの観点からみた業界について、Glu MobileのChris Akhavan氏がセッションを催しました。
  • 今年のゲームデベロッパーカンファレンスでは、モバイルゲーム業界が特に注目を浴びています。今こそが成長期だと考えられているこの業界の成り行き、またグローバルの観点からみた業界について、Glu MobileのChris Akhavan氏がセッションを催しました。
  • 今年のゲームデベロッパーカンファレンスでは、モバイルゲーム業界が特に注目を浴びています。今こそが成長期だと考えられているこの業界の成り行き、またグローバルの観点からみた業界について、Glu MobileのChris Akhavan氏がセッションを催しました。
  • 今年のゲームデベロッパーカンファレンスでは、モバイルゲーム業界が特に注目を浴びています。今こそが成長期だと考えられているこの業界の成り行き、またグローバルの観点からみた業界について、Glu MobileのChris Akhavan氏がセッションを催しました。
  • 今年のゲームデベロッパーカンファレンスでは、モバイルゲーム業界が特に注目を浴びています。今こそが成長期だと考えられているこの業界の成り行き、またグローバルの観点からみた業界について、Glu MobileのChris Akhavan氏がセッションを催しました。
  • 今年のゲームデベロッパーカンファレンスでは、モバイルゲーム業界が特に注目を浴びています。今こそが成長期だと考えられているこの業界の成り行き、またグローバルの観点からみた業界について、Glu MobileのChris Akhavan氏がセッションを催しました。
  • 今年のゲームデベロッパーカンファレンスでは、モバイルゲーム業界が特に注目を浴びています。今こそが成長期だと考えられているこの業界の成り行き、またグローバルの観点からみた業界について、Glu MobileのChris Akhavan氏がセッションを催しました。
  • 今年のゲームデベロッパーカンファレンスでは、モバイルゲーム業界が特に注目を浴びています。今こそが成長期だと考えられているこの業界の成り行き、またグローバルの観点からみた業界について、Glu MobileのChris Akhavan氏がセッションを催しました。
今年のゲームデベロッパーカンファレンスでは、モバイルゲーム業界が特に注目を浴びています。今こそが成長期だと考えられているこの業界の成り行き、またグローバルの観点からみた業界について、Glu MobileのChris Akhavan氏がセッションを催しました。

セッションではApp StoreとGoogle Playの総合トップ150ゲームをベースにしたマーケットトレンドをGlu Mobileを4つにまとめたものを提示。それをベースに議論が行われました。(注意:中国にはApp StoreやGoogle Play以外にたくさんストアがあり、データに含めきれないので表示される中国の数字は実際と多少異なる場合があります)

■1.グローバル収益

現在、App StoreとGoogle Playではアメリカと日本が最高の収益をあげています。アメリカで29%と日本で32%、合わせて業界の60%以上の収入となります。しかし、日本のマーケットはほとんどローカルのデベロッパーのみとなり、日本への進出が難しいとみられています。

■2.ソーシャルの重要性

最近話題となっているソーシャルやマルチプレイ要素がモバイルでは必須条件です。欧米の全収入の75%がソーシャル要素を含むゲームからきており、アジアのマーケットでは90%となっています。GREEが行ったリサーチによると、ギルドなどを実施しているゲームの収益に600%の収入増がみられました。

■3.国によるプレイスタイルの違い

モバイルゲームのプレイスタイルは3つのカテゴリーに分けられます。

「パッシブ・プレイ」
簡単に始めたり、やめたり出来るゲームのことを指します。ポケットから取り出して、2、3回触って他のことをできる、「ながら」ゲームプレイスタイル。

「アクティブ・プレイ(ショート)」
パッシブの進化系、ショート・アクティブプレイは「ながら」はできないが、30秒から1分という短時間なセッションが主です。

「アクティブ・プレイ(ロング)」
その一方、ロング・アクティブプレイは何時間も集中してプレイするスタイルです。

データにより、収入のほとんどはパッシブプレイからきていることが明らかになっています。アメリカでは60%、日本では80%以上となっており、残りは(5%以下を除いて)アクティブショートからきています。中国と韓国のパッシブプレイ率はそれぞれ60%以下と40%となっています。その次がロングプレイで、この違いは中国と韓国で流行っているモバイル向けRPGによるものだと考えられます。

これらのデータから、主な市場で成功するには、パッシブもしくはアクティブショートなプレイスタイルに適応しているゲームが必要であることが分かります。

■4.国によるゲーム種類の違い 

ストラテジーゲーム(アメリカ):
アメリカの全収入の40%はストラテジーゲームによるものです。比べて、日本、韓国は5%以下となります。

カードバトルゲーム(日本):
今まではカードバトルゲームが日本の領域で、日本の全収入の75%を占めていました。最近ではアメリカのマーケットに進出しはじめ、10%まで増加しました。

リソース管理ゲーム:
アジアでは欧米ほどリソース管理ゲームは成功していないようですが、アメリカだけで世界中の40%の収益を出しています。日本はたった1%です。

アクションゲーム:
アクションゲームはグローバルでみて最も平等です。アメリカでは27%、韓国33%、(アジアとアメリカを除いた)世界その他で30%という振り分けです。日本は8%程度です。

成功するには:

マーケットトレンドなどを理解した上で、成功するには8つのポイントがあります。

1. iOSとAndriodアプリを同時に発売する
分けて発売することによって口コミの効果をあげる

2. アイコンやスクリーンショットを最適化する
どのアイコンデザインが一番クリック数を増やすかを徹底的にテストする

3. 広告を常に更新する
とにかく飽きさせない。5日間ごとに更新する

4. ダウンロード容量を少なくする。
100mb以下が目標。App Storeでは100mb以上だとWi-Fiコネクションが必要となる。イニシャルダウンロードでゲームを遊べる状態にすることも必要。ゲームにはまってから追加コンテンツダウンロードを紹介する

5. ゲームにはまらせてからフェスブックや外部サイトの登録を勧める
登録したらアイテムやコンテンツをプレゼントする

6. 出来る限りレビュー、掲示板、ソーシャルコメントを読む
ファンの声が一番大事。できるだけ答えるようにすると、気づいてくれるはず

7. ディリーボーナス!
毎日ログインするユーザーに報酬を与えること。日につれてその報酬を増大させること

8. ゲームをショートプレイセッションに対応させる
30秒間でも楽しめるようなゲームを目指すこと

最後に、モバイルゲーム業界が成長期だからこそ、常時変化しています。中国の見込み、スマートフォンの進化、タブレットで育てられた子供たちの新しい時代、すべてが変化をもたらします。今日のトレンドが明日のトレンドだとは限らない、このハイペースマーケットの中でも変わらない基礎があります。以上のポイントを考慮に入れ、新しい時代への適応性を持ってすばらしいゲーム作りましょう。
《Hannelore Atteberry》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら