「Magic: The Gathering」20世紀フォックスが映画シリーズの権利を取得しハリウッド映画化へ | GameBusiness.jp

「Magic: The Gathering」20世紀フォックスが映画シリーズの権利を取得しハリウッド映画化へ

その他 その他

ゲーマーなら一度はその名前を聞いたことがあるトレーディングカードゲーム(以下TCG)「Magic: The Gathering」の映画シリーズ権利を20世紀フォックスが獲得したことが、海外映画情報サイトThe Hollywood Reporterで明らかになりました。プロデューサーは「X-MEN: ファイナル ディシジョン」などを手がけた脚本家、映画プロデューサーのSimon Kinberg氏が担当するようです。

「Magic: The Gathering」はWizards of the Coast社から1993年に発売された世界初のTCGで、練りこまれた世界観と、TCGと呼ばれるジャンルを確立させたゲームルールは、世界で多くのファンを獲得。最初のキットが発売されて21年がたった今でも、新しいカードやルールの追加が行われています。また定期的に世界選手権が開かれており、歴代チャンピオンの中には日本人の名前もあります。

PCで2002年6月よりサービスが開始された『Magic Online』やPC/PS3/XBLA/iPad/Androidでリリースされている『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ』シリーズなど、同作を題材にしたゲームも配信されています。

まだ具体的なことは何もわかっていない映画ですが、TCGの古典として有名な『Magic: The Gathering』の映画化は、多くのゲーマーの興味を惹くのではないでしょうか。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら