ジンガ、慈善団体のHeifer Internationalと提携しゲーム内で募金プログラムを実施 | GameBusiness.jp

ジンガ、慈善団体のHeifer Internationalと提携しゲーム内で募金プログラムを実施

その他 その他

米大手ソーシャルゲームディベロッパー  Zynga  が、世界の貧困問題に取り組んでいる慈善団体の  Heifer International  と提携し、Zyngaの各種ソーシャルゲームを横断した募金プログラムを実施している。
  • 米大手ソーシャルゲームディベロッパー  Zynga  が、世界の貧困問題に取り組んでいる慈善団体の  Heifer International  と提携し、Zyngaの各種ソーシャルゲームを横断した募金プログラムを実施している。
米大手ソーシャルゲームディベロッパーZyngaが、世界の貧困問題に取り組んでいる慈善団体のHeifer Internationalと提携し、Zyngaの各種ソーシャルゲームを横断した募金プログラムを実施している。

Heifer Internationalは、世界中の貧困家庭に牛や羊などの家畜を寄付し現金収入を得られるよう手助けする活動を行っている団体。Zyngaでは彼らの活動内容を反映し、「あやかし陰陽録」「Hidden Shadows」「Zynga Poker」「CityVille」「CastleVille」「Bubble Safari」「Pioneer Trail」「ChefVille」の8タイトルにて動物に関連した有料アイテムを販売し、その収益の全額をHeifer Internationalに寄付する。実施期間は12月31日まで。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら