ドイツのソーシャルゲームディベロッパーWooga、パブリッシング事業も開始 | GameBusiness.jp

ドイツのソーシャルゲームディベロッパーWooga、パブリッシング事業も開始

その他 その他

ドイツ・ベルリンに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーのWoogaが、今後は自社タイトルの開発だけでなく他社のタイトルのパブリッシング事業も開始すると発表した。

Woogaは2009年に設立されたドイツで最も成功していると言われているソーシャルゲームディベロッパー。Facebookにて各種ソーシャルゲームの提供を手がけ、現在ではスマートフォン向けタイトルの開発・提供に注力している。

同社ではパブリッシング第一号としてデンマークのスマートフォン向けゲームディベロッパーのTactile Entertainmentとパートナーシップを締結し、アクションゲーム『Airheads Jump』を9月にiOS/Android版双方をリリースするとのこと。Woogaではただゲームを配信するだけでなくプロモーションやマネタイズ面でも支援を行っていくとしており、また今後も他社タイトルを継続して配信するとしている。

パブリッシング専用ページはこちら
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら