ジンガ、人気お絵描きソーシャルゲーム『Draw Something』開発のOMGPOPもレイオフ対象に | GameBusiness.jp

ジンガ、人気お絵描きソーシャルゲーム『Draw Something』開発のOMGPOPもレイオフ対象に

その他 その他

Tech系メディアのMashableが伝えるところによれば、スマートフォン向けの人気お絵描きソーシャルゲーム「Draw Something」の開発・運営を行っているOMGPOPが先日発表された米大手ソーシャルゲームディベロッパージンガのレイオフの対象となり、既に多くのスタッフが解雇されているという。

OMGPOPは米ニューヨークに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーで、スマートフォン上で”お絵描き”をして友達同士で絵の題材を当てっこするソーシャルゲームアプリ『Draw Something』の開発会社として知られている。同タイトルはリリースから1ヶ月で3500万ダウンロードを突破するヒット作となり、それを受けて2012年3月に2億1000万ドルという破格値でジンガに買収され、以後はジンガのニューヨークスタジオとして引き続きゲームの開発・運営を行ってきた。ところがそれからわずか1年3ヶ月足らずでレイオフの対象となり事実上閉鎖が決定。『Draw Something』に携わってきた多くの開発者も解雇されているが、『Draw Something』及び『Draw Something 2』の今後どうなるかはまだ明らかにされていない。

《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら