ゆめみ、「2013年のゲーミフィケーション展望」4月22日開催 ― 水口哲也氏が登壇(訂正) | GameBusiness.jp

ゆめみ、「2013年のゲーミフィケーション展望」4月22日開催 ― 水口哲也氏が登壇(訂正)

その他 その他

ゆめみは、今年のゲーミフィケーションの動向について有識者を交えてセミナーおよびパネルディスカッション「2013年のゲーミフィケーション展望」を4月22日に開催すると発表しました。
  • ゆめみは、今年のゲーミフィケーションの動向について有識者を交えてセミナーおよびパネルディスカッション「2013年のゲーミフィケーション展望」を4月22日に開催すると発表しました。
ゆめみは、今年のゲーミフィケーションの動向について有識者を交えてセミナーおよびパネルディスカッション「2013年のゲーミフィケーション展望」を4月22日に開催すると発表しました。

海外の先進事例を踏まえ、日本での動向も分析しながら、今後のゲーミフィケーションの辿るべき方向性について検討するイベントで、前半がゲームクリエイター/プロデューサーである水口哲也氏のセミナーとその他登壇者によるパネルディスカッション、後半が全体懇親会(軽食およびドリンクあり)となっています。

水口氏は、『セガラリー』(1994)、『スペースチャンネル5』(1999)、『Rez』(2001)、『ルミネス』(2004)、『Child of Eden』(2011)などを手掛けてきたゲームクリエイターですが、最近は「ウォンツの可視化」という自らのメソッドを用いて、難題の解決や新たな企画を生み出すワークショップを開催しています。

今回のセミナーでは、「ウォンツの可視化メソッドによる、ゲーミフィケーションワークショップの実例」のタイトルのもと、そのメソッドを語る内容とのことです。

そのほか、ループス・コミュニケーションズ コンサルタントの岡村健右氏、NHK出版 編集局 教育文化編集部の久保田大海氏、ゆめみ代表取締役社長の深田浩嗣氏が登壇の予定です。スケジュールは、水口氏の講演が18:00〜18:45、パネルディスカッションが18:45〜19:30、全体懇親会が19:30〜21:00となります。

開催場所:D2C 会議室
住所:〒105-0021 東京都港区東新橋1-9-2汐留住友ビル18階
http://www.d2c.co.jp/company/map.html

定員は100名で、会費は5000円。申込み・会費振込については「http://ptix.co/15yPT7e」からとなります。

※水口氏の講演は18時からでした。お詫びして訂正します。
《富岡昌》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら