Crytek、テキサス州オースティンに初の北米スタジオを設立 | GameBusiness.jp

Crytek、テキサス州オースティンに初の北米スタジオを設立

その他 その他

『Crysis』シリーズやCryENGINEで知られるドイツのデベロッパーCrytekは、米国テキサス州オースティンに新たなスタジオを設立したと発表しました。

同社が9番目に設立するというCrytek USA Corpは、北米地域を拠点とした初のオフィスとなり、CEOを務めるDavid Adams氏の指揮の下、35名の開発者らが、エキサイティングな新作ゲーム、エンジン、同地域におけるビジネス機会の構築を進めていくとのこと。

Crytek CEOのCevat Yerli氏は北米進出に関して、「Crytekは北米の取引先やゲーマーと常に特別な関係を享受してきました。そのため、米国内で永続的な駐留を確立するのはごく自然な流れです」とコメント。

Crytekはつい最近もイスタンブールにスタジオをオープンしていたばかりで、ヨーロッパ各地のスタジオに加えて、上海やソウルといったアジア圏にもオフィスを構えています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら