グーグル、2012年の検索トレンドを公開・・・「ディアブロ3」「プレイステーション」などがランクイン | GameBusiness.jp

グーグル、2012年の検索トレンドを公開・・・「ディアブロ3」「プレイステーション」などがランクイン

グーグルは、2012年に146言語で延べ1兆2000万回以上行われたウェブ検索に基いて、最も人気のあったキーワードランキングを「Zeitgeist 2012」としてまとめました。

その他 その他
グーグルは、2012年に146言語で延べ1兆2000万回以上行われたウェブ検索に基いて、最も人気のあったキーワードランキングを「Zeitgeist 2012」としてまとめました。
  • グーグルは、2012年に146言語で延べ1兆2000万回以上行われたウェブ検索に基いて、最も人気のあったキーワードランキングを「Zeitgeist 2012」としてまとめました。
グーグルは、2012年に146言語で延べ1兆2000万回以上行われたウェブ検索に基いて、最も人気のあったキーワードランキングを「Zeitgeist 2012」としてまとめました。

総合部門では2月に亡くなった「Whitney Houston」が第1位に。続いて年末にかけて人気を集めた「Gangnam Style」、3位には東海岸を直撃したハリケーン「Hurricane Sandy」、以下「iPad 3」「Diablo 3」「Kate Middleton」「Olympics 2012」「Amanda Todd」「Michael Clarke Duncan」「BBB12」がトップ10でした。

Consumer Electronicsの部門では「iPad 3」「Samsung Galaxy S3」「iPad Mini」「Nexus 7」「Galaxy Note 2」などスマートデバイスが5位までを独占。しかし6位には「PlayStation」がランクインしました。8位には「Microsoft Surface」、9位には「Kindle Fire」が入りました。

Google+のハッシュタグの部門ではゲーム業界でも反対の声が広がったSOPA(Stop Online Piracy Act/オンライン海賊行為防止法案)へ言及した「#SOPA」が1位という結果になりました。

国別の日本では1位が「金環日食」。続いて「オリンピック」「台風」「ドラクエ10」「地震」という順。ガジェット部門では1位は「iPad Mini」で、続いて2位に「ニンテンドー3DS LL」がランクイン。以下「Nexus 7」「Windows 8」「Xperia acro HD」という順でした。

グーグルでは2012年を振り返るムービーもYouTubeにて公開しています。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら