Eurocomが200人規模の大規模なレイオフを敢行、従業員数は50人以下へ | GameBusiness.jp

Eurocomが200人規模の大規模なレイオフを敢行、従業員数は50人以下へ

その他 その他

90年代からゲーム業界で活躍し、数多くのアーケードタイトルのコンソール移植や、ライセンス作品のゲーム化を手掛けていた英国のデベロッパーEurocomですが、海外サイトのGamesIndustryによれば、同スタジオは今月の23日に200人規模のレイオフを敢行していた模様です。

スタジオディレクターのHugh Binns氏によれば、レイオフはコンソール向けゲームの急激な需要の低下から、いくつかのゲームプロジェクトが失敗に終わった事に起因するもので、現在Eurocomには50人以下の中心メンバーのみが残り、今後はモバイル向けタイトルにフォーカスを当てて行く事を明らかにしています。

尚、今年の10月にリリースされた同スタジオ新作の『007 Legends』は、Metacriticスコアが45点をマークするなど低い評価が目立っていました。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら