ジンガジャパン、本社のレイオフに伴い『まちつく!』など3タイトルを終了 『あやかし陰陽録』は継続 | GameBusiness.jp

ジンガジャパン、本社のレイオフに伴い『まちつく!』など3タイトルを終了 『あやかし陰陽録』は継続

その他 その他

ジンガジャパン株式会社  が、同社が提供しているソーシャルゲーム『もじとも☆』『まちつく!』『モントピア』の3タイトルのサービスを12月21日を以て終了すると発表した。
  • ジンガジャパン株式会社  が、同社が提供しているソーシャルゲーム『もじとも☆』『まちつく!』『モントピア』の3タイトルのサービスを12月21日を以て終了すると発表した。
ジンガジャパン株式会社が、同社が提供しているソーシャルゲーム『もじとも☆』『まちつく!』『モントピア』の3タイトルのサービスを12月21日を以て終了すると発表した。

同社の米本社である米大手ソーシャルゲームディベロッパージンガの大型レイオフによるもの。

『もじとも☆』と『モントピア』は同社がiOS及びAndroid端末向けに提供しているソーシャルゲームアプリで、『モントピア』は英語版もリリースし海外展開も行っていた。

また『まちつく!』は同社がジンガに買収される以前のウノウ時代よりmixiモバイルにて提供していた看板タイトルで、早くから携帯の位置情報をソーシャルゲームに反映するシステムも取り入れていた。しかし残念ながら今回サービス終了が決定し、それに先立ち順次新規ダウンロードの停止や課金アイテム販売の停止が行われる。

なお、スマートフォン向けカードバトルRPGアプリ『あやかし陰陽録』の運営は継続されるとのこと。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら