グリー、ポケラボを138億円で買収 ― M&Aで競争力強化を目指す(2) | GameBusiness.jp

グリー、ポケラボを138億円で買収 ― M&Aで競争力強化を目指す(2)

その他 その他

グリーは、戦略的業務提携を目的として急成長中のゲーム開発会社ポケラボを買収したと発表しました。発行済株式の100%で、総額138億8000万円。
  • グリーは、戦略的業務提携を目的として急成長中のゲーム開発会社ポケラボを買収したと発表しました。発行済株式の100%で、総額138億8000万円。
グリーは、戦略的業務提携を目的として急成長中のゲーム開発会社ポケラボを買収したと発表しました。発行済株式の100%で、総額138億8000万円。

ポケラボは2007年に設立、2008年からソーシャルゲームの開発に乗り出した急成長中のゲーム開発会社です。2011年からはセガと資本業務提携を結び、スマートフォンにおけるソーシャルゲームの共同開発を行っています。初の共同開発タイトルの『運命のクランバトル』はApp Storeの無料ランキング1位を獲得するなど、最も勢いのある開発会社の1つです。

開示されたポケラボの直近、平成23年9月期の業績は売上5億5600万円、営業損失1億3500万円。ただし、24年度の7〜9月期は売上8億6000万円、営業利益1億6000万円まで伸びているとのこと(こちらの数字は未監査)。

今回の株式取得に関して、グリーは「両社のノウハウを共有し、開発チームの連携などを行うことで、スマートフォンにおけるモバイルソーシャルゲームの開発力をさらに強化していきます。今後も有力な開発パートナーと連携を進め、魅力的なコンテンツをさらに拡充し、世界中の人々が利用するナンバーワンコミュニティサービスの提供を目指します」とのコメントを発表しています。

既存株主はベンチャーキャピタルのDCMを筆頭に、インキュベイトファンド、セガなど。

(2)業績の数字を追加しました
《宮崎紘輔》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら