『Rez』『ルミネス』の水口哲也氏、キューエンタテインメント取締役を退任 | GameBusiness.jp

『Rez』『ルミネス』の水口哲也氏、キューエンタテインメント取締役を退任

その他 その他

キューエンタテインメントは、同社取締役の水口哲也氏が慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の特任教授に就任するために、9月30日をもって退任したことを発表しました。
  • キューエンタテインメントは、同社取締役の水口哲也氏が慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の特任教授に就任するために、9月30日をもって退任したことを発表しました。
キューエンタテインメントは、同社取締役の水口哲也氏が慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の特任教授に就任するために、9月30日をもって退任したことを発表しました。

水口氏は1991年にセガに入社後、PS2/DCソフト『Rez』のプロデューサーなどを務め、2003年に独立してキューエンタテインメントを設立しました。

なお、今後はアドバイザーとして同社を支えていくとのこと。水口氏個人の活動については、具体的には発表する段階ではないということですが、ゲームのみならず、総合的なメディアデザイン、コンテンツプロデュースなど、多岐にわたる活動していく予定だということです。
《宮崎紘輔》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら