gloops、『大連携!!オーディンバトル』を欧米版Mobageにて『Warriors of Odin』として提供開始 | GameBusiness.jp

gloops、『大連携!!オーディンバトル』を欧米版Mobageにて『Warriors of Odin』として提供開始

その他 その他

株式会社gloops  が、同社の米子会社gloops International Inc.を通じて欧米版Mobageにてソーシャルゲーム『大連携!!オーディンバトル』の英語版である『  Warriors of Odin  』のAndroid向けネイティブアプリをリリースした。
  • 株式会社gloops  が、同社の米子会社gloops International Inc.を通じて欧米版Mobageにてソーシャルゲーム『大連携!!オーディンバトル』の英語版である『  Warriors of Odin  』のAndroid向けネイティブアプリをリリースした。
株式会社gloopsが、同社の米子会社gloops International Inc.を通じて欧米版Mobageにてソーシャルゲーム『大連携!!オーディンバトル』の英語版である『Warriors of Odin』のAndroid向けネイティブアプリをリリースした。

『Warriors of Odin』は、日本国内で『大連携!!オーディンバトル』として130万人を超えるユーザーを有するソーシャルゲームの欧米版。北欧神話をベースにした世界観のゲームで、ユーザーは主神オーディンの騎士となり、闇の軍勢との最終決戦「ラグナロク」へ向け、オーディン軍の選抜隊の座をギルド同士で競い合う。リアルタイム性の高いバトルシステムで、ユーザー同士でギルドを組み他のギルドと戦う対抗戦やジョブチェンジシステムなどやり込み要素も満載なほか、オープニングのアニメーションも日本版からは一新されており、欧米のユーザーに浸透しやすいよう独自のキャラクターデザインに変更されている。さらにBGMが追加されたことで、バトル開催時は戦いの優劣が音楽で分かるようになっている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら