ギャンブル・ソーシャルゲームを提供するPlaysino、ソーシャルゲームディベロッパー2社を買収 | GameBusiness.jp

ギャンブル・ソーシャルゲームを提供するPlaysino、ソーシャルゲームディベロッパー2社を買収

その他 その他

米カリフォルニアに拠点を置くギャンブルがモチーフのソーシャルゲームを提供するソーシャルゲームディベロッパー  Playsino  が、同じくギャンブルモチーフのソーシャルゲームを手がけている  Popover Games  とFoghorn Gamesの2社を相次いで買収した。買収額は明らか
  • 米カリフォルニアに拠点を置くギャンブルがモチーフのソーシャルゲームを提供するソーシャルゲームディベロッパー  Playsino  が、同じくギャンブルモチーフのソーシャルゲームを手がけている  Popover Games  とFoghorn Gamesの2社を相次いで買収した。買収額は明らか
米カリフォルニアに拠点を置くギャンブルがモチーフのソーシャルゲームを提供するソーシャルゲームディベロッパーPlaysinoが、同じくギャンブルモチーフのソーシャルゲームを手がけているPopover GamesとFoghorn Gamesの2社を相次いで買収した。買収額は明らかにされていない。

Popover Gamesは2010年に設立されたスタートアップで、フェイスブックにてポーカー・ソーシャルゲーム『Popover Poker』やビンゴゲーム『Bingo Around the World』などを運営すしている。

一方Foghorn Gamesは『Bingo Around the World』の実際の開発を担当したスタートアップで、Popover Gamesと同様にギャンブルもチーフのソーシャルゲームの開発・運営を行っている。

今回の買収により両社はPlaysinoのチームに合流し、これまで運営してきた各タイトルもPlaysinoブランドに統合される。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら