任天堂、Wiiを巡る訴訟に勝訴・・・Copper Innovationsが特許を主張 | GameBusiness.jp

任天堂、Wiiを巡る訴訟に勝訴・・・Copper Innovationsが特許を主張

その他 その他

Copper Innovations Group LLC.が同社の特許をWiiとWiiリモコンが侵害していると提訴していた問題で、ピッツバーグの連邦地方裁判所のDavid Cercone判事は同社の訴えを退け、本審に入る必要は無いと判断しました。
  • Copper Innovations Group LLC.が同社の特許をWiiとWiiリモコンが侵害していると提訴していた問題で、ピッツバーグの連邦地方裁判所のDavid Cercone判事は同社の訴えを退け、本審に入る必要は無いと判断しました。
Copper Innovations Group LLC.が同社の特許をWiiとWiiリモコンが侵害していると提訴していた問題で、ピッツバーグの連邦地方裁判所のDavid Cercone判事は同社の訴えを退け、本審に入る必要は無いと判断しました。

任天堂オブアメリカの法務担当を務めるRichard Medway氏は「裁判所の決定にとても満足しています。任天堂は他社の権利を尊重し、かつ革新的な製品を作る長い歴史があります。私たちは権利を侵害していない確信があれば、例えリスクがあったとしてもこの種の訴訟と戦う用意があります。尽力してくれた法務チームの努力に敬意を評したいと思います」と述べています。

Copper Innovations Groupは2008年1月、任天堂とソニーを提訴。同社の 「個々のデバイスにIDを振り、それに基づいてデバイス同士を接続してデータ転送を行う手法」を定めた特許(U.S. Patent No. 5,640,152)などを侵害しているとしていました。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら