コーエーテクモHD、鯉沼氏が取締役に就任 | GameBusiness.jp

コーエーテクモHD、鯉沼氏が取締役に就任

その他 その他

コーエーテクモホールディングスは、鯉沼久史氏が取締役に就任する人事を発表しました。26日付の取締役会で決議されており、正式には6月下旬開催予定の定時株主総会の決議で決定する予定。

鯉沼氏は『真・三國無双』『戦国無双』などのプロデューサーとして知られ、子会社のコーエーテクモゲームスでは専務取締役 ソフトウェア事業部長 兼 ソフトウェア2部長 兼 京都開発部長 兼 ソフトウェア開発本部長として同社のゲーム開発全般を指揮しています。

また同日付で、コーエーテクモゲームスの前田渡氏が執行役員CG部アートディレクション担当(現役職: ソフトウェア開発本部 CG部シニアエキスパート)となる執行役員人事も発表しています。こちらは株主総会決議は不要のため、4月1日付の人事となります。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら