ドリコム、携帯電話向けコンテンツ事業をCAモバイルに譲渡・・・成長分野に注力 | GameBusiness.jp

ドリコム、携帯電話向けコンテンツ事業をCAモバイルに譲渡・・・成長分野に注力

ドリコムは携帯電話向けコンテンツ事業をシーエー・モバイルに譲渡すると発表しました。

その他 その他
ドリコムは携帯電話向けコンテンツ事業をシーエー・モバイルに譲渡すると発表しました。

同社では携帯電話向けコンテンツとして着メロやきせかえコンテンツの配信を行なっていましたが、会社全体に占める売上高は平成24年3月期には10%未満となり、成長事業であるソーシャルゲームやアドソリューション事業に注力するため譲渡を決めたとのこと。人員の移動は無く、譲渡金額は2億円です。

譲渡事業の平成23年3月期の売上高は7億1800万円(全体に占める割合27.3%)、営業利益3億7700万円(349.1%)でした。ただし、今第3四半期の全社業績では売上高20億4600万円、営業利益4億4900万円と急拡大しており、同事業が占める割合は低下したものと思われます。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら