GGJ 2012、今年のテーマは「Circle of Life」世界中のゲームが続々アップ中 | GameBusiness.jp

GGJ 2012、今年のテーマは「Circle of Life」世界中のゲームが続々アップ中

その他 その他

即席チームで48時間という短時間でゲームを完成させるという「Global Game Jam」(GGJ)が今週末、世界各地の会場で開催されました。

今年は国内では日本工科大学、国立情報学研究所、仙台、北海道大学、福岡工業大学、大阪、立命館大学といった会場で48時間のゲーム作りが行われました。各企業の計らいでUnity(Unity Technologies)やUDK(Epic Games)、あるいはSpriteStudio(ウェブテクノロジ)の無償ライセンスが提供されたりもしました。

今年のテーマは「Ouroborus」。ウロボロスは自分の尻尾まで飲み込んだ龍を表す古代から伝わる象徴です。様々な意味を持ちますが、「Circle of Life」永遠・人生・継続・循環などと解されたようです。

これをテーマにした作品はウェブサイトにアップされています。時差の関係でニュージーランドが最初のスタートとなり、ニュージーランドで制作されたものから開発が終え次第のアップとなっていて、日本会場で作られたも登場しています。

日本開発のゲームはこちらから
東京工科大学
国立情報学研究所
仙台会場
北海道大学
福岡工業大学
大阪会場
立命館大学
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら