Minecraftを教育に活用しようというプロジェクト | GameBusiness.jp

Minecraftを教育に活用しようというプロジェクト

その他 その他

ブロック状のオブジェクトを積んで自由にもの作りができるゲーム『Minecraft』を子供の教育に活用しようというプレイヤーのコミュニティ「  Massively Minecraft  」というものがあります。
  • ブロック状のオブジェクトを積んで自由にもの作りができるゲーム『Minecraft』を子供の教育に活用しようというプレイヤーのコミュニティ「  Massively Minecraft  」というものがあります。
ブロック状のオブジェクトを積んで自由にもの作りができるゲーム『Minecraft』を子供の教育に活用しようというプレイヤーのコミュニティ「Massively Minecraft」というものがあります。

「Massively Minecraft」とは、元々Second LifeやOpen SIMで活動していた仮想空間のベテランプレイヤー・Jokaydiaによって組織されたコミュニティ。4〜16歳のデジタルメディアに興味のある子供を対象にしており、マルチプレーヤー・サーバーで彼らにオンラインでの過ごし方やモノ作りの方法などを教えているとのこと。同コミュニティのサイトでは彼らの作品のスクリーンショットを見ることもできます。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら