3DSが米国でも400万台を突破!『マリオ』と『ゼルダ』も新記録 | GameBusiness.jp

3DSが米国でも400万台を突破!『マリオ』と『ゼルダ』も新記録

その他 その他

任天堂オブアメリカは、米国でのニンテンドー3DSの本体累計販売台数が、2011年3月27日のローンチ以来、400万台以上を記録したと発表しました。
  • 任天堂オブアメリカは、米国でのニンテンドー3DSの本体累計販売台数が、2011年3月27日のローンチ以来、400万台以上を記録したと発表しました。
  • 任天堂オブアメリカは、米国でのニンテンドー3DSの本体累計販売台数が、2011年3月27日のローンチ以来、400万台以上を記録したと発表しました。
  • 任天堂オブアメリカは、米国でのニンテンドー3DSの本体累計販売台数が、2011年3月27日のローンチ以来、400万台以上を記録したと発表しました。
  • 任天堂オブアメリカは、米国でのニンテンドー3DSの本体累計販売台数が、2011年3月27日のローンチ以来、400万台以上を記録したと発表しました。
  • 任天堂オブアメリカは、米国でのニンテンドー3DSの本体累計販売台数が、2011年3月27日のローンチ以来、400万台以上を記録したと発表しました。
任天堂オブアメリカは、米国でのニンテンドー3DSの本体累計販売台数が、2011年3月27日のローンチ以来、400万台以上を記録したと発表しました。

2011年にはニンテンドーWii本体が450万台、旧ニンテンドーDSが340万台以上の売上を計上、同年の米国における全ハードウェア販売台数は1,200万台に及ぶとのこと。

また同社は、ホリデーシーズンに発売された『マリオカート7』と『スーパーマリオ3Dランド』が、両フランチャイズの史上最速セールスを記録した上に、米国内で100万本のセールスを達成した初の3DSタイトルになったと報告。

さらに、Wiiのシリーズ最新作『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』も、同国で100万本以上を売り上げてローンチ記録を塗り変えたということです。

尚、ニンテンドー3DSは日本国内でも2月のローンチから累計販売台数が400万本を突破したと報告されています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら