ジンガの主力タイトルの売上が明らかに(訂正) | GameBusiness.jp

ジンガの主力タイトルの売上が明らかに(訂正)

その他 その他

11月にも上場と伝えられたジンガ。経済誌Fortuneは新たに提出された書類から明らかになった同社の主力ゲームの売上を伝えています。

これによれば主力3タイトルの2011年上半期(1-6月)の売上は前年同期(2010年上半期)と比較して以下のような成長を遂げたということです。

・FarmVille 7660万ドル(約57億円)
・FrontierVille 7050万ドル(約52億円)
・CityVille 4660万ドル(約35億円)

一般論ですが、日本のソーシャルゲームデベロッパーはユーザー数は少ないものの売上は大きい(ARPUが高い)、逆にジンガなどフェイスブックのデベロッパーはユーザー数は多いものの売上は小さい(ARPUが低い)という傾向があります。

国内では既にボルテージやKLabなどソーシャルゲームから上場した企業が現れていますが、そうした企業と比較してジンガがどのような評価を受けるのか。興味深いところです。

※売上の数字は上半期の売上ではなく、前期との比較でした。お詫びして訂正いたします。ロンチから時間が経過した『FarmVille』ですら大きな伸びをしているのは驚異的です。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら