Google+に早くもゲーム登場、ジンガ・EA・Rovioなど | GameBusiness.jp

Google+に早くもゲーム登場、ジンガ・EA・Rovioなど

その他 その他

グーグルは本日よりソーシャルネットワークの「Google+」にゲーム機能を追加しました。
  • グーグルは本日よりソーシャルネットワークの「Google+」にゲーム機能を追加しました。
  • グーグルは本日よりソーシャルネットワークの「Google+」にゲーム機能を追加しました。
グーグルは本日よりソーシャルネットワークの「Google+」にゲーム機能を追加しました。

ゲームへは「Google+」のロゴ横にあるホーム・フォト・プロフィール・サークルというナビゲーションの横に追加されたゲームというアイコンを辿ることでアクセスできます。ただし、現状では一部のユーザーのみに解放され、徐々に広げられていくということです。残念ながらリンクを見つけられなかった方は楽しみに待っておく必要があります。

既にジンガの『Zynga Poker』、Rovio Mobileの『Angry Birds』、EA(Playfish)の『Dragon Age Legends』、PopCapの『Bejeweled Blitz』、グーグル傘下のLabPixiesによる『Flood-It』など多数のゲームが提供されています。

グーグルではデベロッパー向けのブログ「The Google+ Platform Blog」を開設。Google+でゲームを提供するためのAPIなどを開示していくとのこと。約6週間前にオープンしたGoogle+ですが、既にユーザー数は3000万人近くになっていると見られ急拡大しています。ゲーム開発者にとってはフェイスブックに並んで重要なプラットフォームに成長する可能性があります。

ちなみに、ゲームをプレイしないユーザーのストリーム(ウォール)がゲームの通知で汚されるようなことはないと公式ブログ(http://googleblog.blogspot.com/2011/08/games-in-google-fun-that-fits-your.html)にて明言されています。これはフェイスブックで、ゲームの通知ばかりが届いてうんざり、というユーザーには嬉しい仕様かもしれません。

Google+
https://plus.google.com/
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら