PopCap、Google+にて提供中のソーシャルゲーム『Bejeweled Blitz』のサービスを終了へ | GameBusiness.jp

PopCap、Google+にて提供中のソーシャルゲーム『Bejeweled Blitz』のサービスを終了へ

その他 その他

大手ゲームメーカー  Electronic Arts(EA)  傘下のソーシャルゲームディベロッパー  PopCap Games  が、現在同社がGoogle+にて提供しているソーシャルゲーム『Bejeweled Blitz』を6月18日を以て終了すると発表した。
  • 大手ゲームメーカー  Electronic Arts(EA)  傘下のソーシャルゲームディベロッパー  PopCap Games  が、現在同社がGoogle+にて提供しているソーシャルゲーム『Bejeweled Blitz』を6月18日を以て終了すると発表した。
大手ゲームメーカーElectronic Arts(EA)傘下のソーシャルゲームディベロッパーPopCap Gamesが、現在同社がGoogle+にて提供しているソーシャルゲーム『Bejeweled Blitz』を6月18日を以て終了すると発表した。

『Bejeweled Blitz』はWindows、Mac、プレイステーション、Xbox360から携帯電話、Android・iOS対応端末に至るまで10以上のプラットフォームで展開されてきた世界中で人気のカジュアルゲーム『Bejeweled』のソーシャルゲーム版で、これまでFacebook、iOS、Xbox Live、Google+と様々なプラットフォームに提供されてきた。現在でも同タイトルのFacebook版はデイリーアクティブユーザー数ランキングTop25にランクインしている人気タイトルだが、残念ながらGoogle+ではそれほど振るわなかったようだ。

Google+版『Bejeweled Blitz』は6月18日を以て終了し、ユーザーがこれまで購入したコインの換金や補償も行われないとのこと。既に課金システムは閉鎖されており、PopCapではサービス終了までにコインを使い切るようサポートページで呼びかけている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら