福島でゲームジャム!「Fukushima Game Jam」 東京集合参加者30名募集中 | GameBusiness.jp

福島でゲームジャム!「Fukushima Game Jam」 東京集合参加者30名募集中

その他 その他

国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)と9leap(ユビキタスエンターテインメント)は2011年8月27日(土)〜28日(日)の2日間、福島県南相馬市にて「福島GameJam」を開催します。

GameJamとは、その場で、初対面で出会う即興のゲーム開発のチームを編成して、発表されたお題に合わせて、決められた時間内に、チームで一つのビデオゲームを完成させるイベントです。

このモデルとなっているのは、毎年1月末に、ゲーム開発者個人を対象とした国際NPOである、国際ゲーム開発者協会(IGDA)が、「Global Game Jam」という名称で行っている国際イベントで、今年は世界136カ所、7600人もの参加があり、1500本ものゲームが開発されました。日本でも、東京、福岡、札幌の3カ所で開催され、150名近い参加者がありました。

このイベントフォーマットを利用して、IGDAの後援を受けて、ローカルイベントとして福島で開催しようという内容です。

<福島GameJamのコンセプト>
「熱気」のあるところは、困難を乗り越える。

被災地域は困難に直面しているけど、きっと大丈夫。
それは、日本で最も「熱気」を持つゲームクリエイターたちが、
被災地域の人たちと一緒に、ゲームを作る姿から生まれる、
たっぷりとした「熱気」を、
世界に伝えることで証明するから。

このイベントに8月26日(金)22:00に東京秋葉原に集合して、参加して下さる参加者を募集します。

東京からの参加者は30名を見込んでおり、東北地方の参加者30名と合流して、27日(土)に各6名のチーム、10チームに分かれた上で、28日(日)までチームでの開発に参加していただきます。

参加者に求められるのは、短時間の間にゲームを完成へと持っていく「技術力」と「熱意」です。

応募頂いた方が、30名を越えた場合には、登録頂いた情報から、開発チームのバランスを考えつつ、選抜という形を取らせていただきますことを、あらかじめご了承下さい。

申込締切は、8月10日(水)24時とさせていただきます。〆切次第速やかに正式に参加をお願いするかどうかを、運営事務局よりご連絡を差し上げます。

◆参加資格
・ゲーム開発関連の技術力を所有している方
 プログラミング、企画、グラフィックデザイン、サウンド等。
 社会人、学生といった立場は問いません。
・持ち込める開発用の自分用のパソコンを所有していること
 現地の電源等の問題から、できるだけノートPCでの参加をお願いします。
※現地への往復は、バスで移動し、食事等は運営事務局で用意します(食費の実費負担はお願いする可能性があります)。

注意事項等の確認、申込は、下記にてお願いいたします。
http://www.igda.jp/modules/eguide/event.php?eid=6
《IGDA日本》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら