ジンガ、上場申請・・・直近の業績も明らかに | GameBusiness.jp

ジンガ、上場申請・・・直近の業績も明らかに

その他 その他

ソーシャルゲーム最大手のジンガは1日、アメリカ証券取引委員会(SEC)に上場申請を行いました。

主幹事はモルガン・スタンレーとゴールドマン・サックスおよび、メリルリンチ、バークレイズ・キャピタル、J.P.モルガン、アレン&カンパニー。

申請書類の中でジンガは、166の国でゲームが遊ばれており、毎秒3万8000のバーチャルアイテムが作られ、日間アクティブユーザーは6000万人、月間アクティブユーザーは2億3200万人、毎日20億秒遊ばれ、40億人の友人関係を作っているとしています。

直近の2011年第1四半期(1〜3月)の業績は売上高2億3542万ドル、税引前利益2851万ドル、純利益1180万ドルとなっています。

また、直前3期の業績は以下の通り。

      売上高       税引き前利益     純利益
2008年度 1941万ドル     ▲2207万ドル    ▲2211万ドル
2009年度 1億2146万ドル   ▲5281万ドル    ▲5282万ドル
2010年度 5億9745万ドル   1億2705万ドル    9059万ドル
(決算期は1〜12月)

売上が急拡大している段階で、利益はこれから増えていきそうです。

時価総額は150〜200億ドルになると予測され、調達額は20億ドル程度を目指しているとのこと。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら