フェイスブック、7月1日より「Facebook Credits」を日本などのデベロッパーにも提供開始 | GameBusiness.jp

フェイスブック、7月1日より「Facebook Credits」を日本などのデベロッパーにも提供開始

その他 その他

フェイスブックは、7月1日から課金決済システムの「Facebook Credits」を日本を含む13カ国のデベロッパー向けに新たに提供開始すると発表しました。

「Facebook Credits」はフェイスブックのデベロッパーが利用できる課金決済システムで、多くの他のマーケットと同様に売上を70対30でデベロッパーとフェイスブックが分け合う形になります。

これまではサードパーティ製の様々な決済システムが提供されていましたが、こうしたサードパーティ製のシステムを導入しているデベロッパー/アプリは、7月1日までに「Facebook Credits」にも対応することが求められていました。

新たに提供開始される国は日本のほか、韓国・フィリピン・インドネシア・マレーシア・ベトナム・シンガポール・ブラジル・アルゼンチン・中国・メキシコ。フェイスブックは公式ブログで「ほぼ全ての国をカバーすることになった」と述べています。

決済通貨としてはドルのほか、日本円、ユーロなど15通貨がカバーされています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら