ゲーム×教育、ビジネスゲームの歴史と学習観【本日のスライド】 | GameBusiness.jp

ゲーム×教育、ビジネスゲームの歴史と学習観【本日のスライド】

またまたお久しぶりの登場です。

その他 その他
またまたお久しぶりの登場です。

ゲーミング勉強会が主催する「ゲーム×教育」の普及を目指したワークショップの第2回として「Game × Learning × job」が開催されたそうです

ワークショップでは早稲田大学の福山氏から「ビジネスゲームの歴史と学習観」というタイトルで講演が行われ、ビジネスゲームの目的の変化について語られました。70年代にはその木気は「学習効果」であったのに対して、00年代では「経験の獲得」が主流になったそうです。

その後、「パラダイス」というゲームを用いてビジネスゲームを実際に体験。ある島の市場に新規参入する社長さんとして最も資金を稼ぐことを目的としたもの。そこそこの売上が期待できるデイ島と、ハイリスクハイリターンのナイ島でダイスを使った勝負になります。

《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら