Xperia PLAYの初代プレイステーションゲームは苦戦? | GameBusiness.jp

Xperia PLAYの初代プレイステーションゲームは苦戦?

その他 その他

ソニー・エリクソンが発売したプレイステーション携帯こと「Xperia PLAY」。Android 2.3を搭載し、十字キーなどのインターフェイスと1GHzのSnapdragonプロセッサを搭載し、ゲームに特化したスマートフォンとして期待されています。

また、「Xperia PLAY」はAndroidの豊富なアプリラインナップが利用できるだけでなく、初の「PlayStation Certified」認定デバイスとして、初代プレイステーションを移植したゲームも遊ぶ事が出来ます。

しかしソニー・エンターテイメント・アメリカからリリースされている数本のタイトルは苦戦しているようです。Android Marketのインストール数はそれぞれ以下の通り。多いものでも500〜1000という数に留まっています。

・Cool Boarders 2 100-500
・Destruction Derby 500-1,000
・Jumping Flash 50-100
・MediEvil 100-500
・Syphon Filter 100-500

現状についてPlayStationLifestyleのインタビューに答えたソニー・エリクソンのマーケティング担当Dominic Neil-Dwyer氏は「現時点では少数のタイトルのみがリリースされている状況で、今後ラインナップは拡充していく。心配はしていない」と述べています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら