アップル、次世代iPhoneで3Dを導入する可能性も | GameBusiness.jp

アップル、次世代iPhoneで3Dを導入する可能性も

その他 その他

世界各国での販売がスタートしたニンテンドー3DSや、対応のテレビやデジタルカメラが普及をはじめている3D。アップルもこの分野に参入することになるのでしょうか?
  • 世界各国での販売がスタートしたニンテンドー3DSや、対応のテレビやデジタルカメラが普及をはじめている3D。アップルもこの分野に参入することになるのでしょうか?
世界各国での販売がスタートしたニンテンドー3DSや、対応のテレビやデジタルカメラが普及をはじめている3D。アップルもこの分野に参入することになるのでしょうか?

アップルの専門情報サイトApple Insiderは同社が米国特許商標庁に承認された特許情報から、同社が今年か来年にもiPhoneなどのデバイスを3D対応にする可能性があると報じています。

特許は複数の画像センサーを用いた画像システム及び処理方法というもので、2つのカメラを用いて3D画像を処理するシステムに関する特許です。静止画だけでなく、動画の撮影もこのシステムでは考慮されているようです。

写真撮影はiPhoneでも重要視されてきた分野で、発表会やテレビCMでもその性能向上が度々アピールされてきました。3Dへの対応はカメラの問題だけでなく、どのようなディスプレイを搭載するかという問題でもありますが、アップルがこの分野に興味を示しているのは間違いなさそうです。同社はこれまでも自動的に3D化するディスプレイや3DのMac OSなどの実験も行なっているとのこと。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら