ソニー、カメラからボールの軌道を瞬時に解析する英Hawk-Eyeを買収 | GameBusiness.jp

ソニー、カメラからボールの軌道を瞬時に解析する英Hawk-Eyeを買収

その他 その他

ソニーは欧州法人のソニー・ヨーロッパを通じて英国Hawk-Eye(ホークアイ)を買収したと発表しました。

ホークアイは競技場に設置した複数のカメラからボールの軌道を独自プログラムで瞬時に解析する技術を有していて、主にスポーツ競技でボールのイン・アウトを判定する「判定オペレーションサービス」を大会主催者などに提供しています。

また、CG画像を現場で生成し、バーチャル・リプレイとして再現する技術も有しており、放送事業者向けにもサービスを提供。国際テニス協会や国際クリケット協会で公式判定技術としても認定されています。



ソニーはスポーツスタジアム向けにコンテンツ制作からデジタルサイネージ、セキュリティカメラ、大型LEDスクリーンなど様々なソリューション事業を展開していて、ホークアイの買収でこれらを補完していきたいとしています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら