CEDECでの講演が特許審査時の例外適用に | GameBusiness.jp

CEDECでの講演が特許審査時の例外適用に

CESAは、特許法第30条第1項(発明の新規性の逸失の例外)に規定されている「特許庁長官が指定する学術団体」に指定されたと発表しました。

その他 その他
CESAは、特許法第30条第1項(発明の新規性の逸失の例外)に規定されている「特許庁長官が指定する学術団体」に指定されたと発表しました。

今後、CEDECで発表された発明や考案について、発表後6カ月以内であれば新規性逸失の例外の優遇措置を受け特許を申請することができるようになります。これにより知的所有権取得のために公募を控えたり、発表内容に制限を加える必要はなくなります。

現在CEDECでは今年の講演者の公募を実施中です。国内外のコンピュータエンターテインメント開発者や関係する仕事に従事している方や研究者、学生などであれば制限なく応募が可能です。公募が採択された場合や残念ながら審査に漏れた場合にも各種特典がありますので、奮ってご応募ください。締め切りは3月31日です。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら