「レビュアーもレビューされるべき」ゲーム開発者が提言 | GameBusiness.jp

「レビュアーもレビューされるべき」ゲーム開発者が提言

その他 その他

最近ではゲームを買う前に作品の評価を知る事が簡単に出来るようになりましたが、手を抜いたように見える不自然なレビューがゲーマー達の間で話題になってしまう事もあります。『Kinectimals』や『LostWinds』などを手がけたFrontier Developmentsの代表David Braben氏Developにて、「レビュアーもレビューされるべきだ」と語りました。

Braben氏は多くのレビュアーの評価は素晴らしいものであり、またゲーム批評が大変な労力を必要とする行為である事を認めながらも、「いい加減で無責任な批評家達のユーザー情報が周知となれば、実績やトロフィーは彼等にとって呪いの言葉となる」と、不真面目な評論家が少なからず存在することを指摘。レビュアーを逆にレビューする逆Metacriticの様な機構があれば、大多数の真面目な記者達を勇気づけることになるだろうと提言しています。

「忘れないで欲しいのは、レビューへ影響を与えるつもりでは無いということ。単に勇気づけ、賞賛し続けたいのです。有能な記者達が賞賛を受けるのなら、それはベストな結果となるでしょう」


(ソース: Eurogam)
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら