アクティビジョンの音楽ゲーム事業撤退で関連スタジオの閉鎖やレイオフが深刻化 | GameBusiness.jp

アクティビジョンの音楽ゲーム事業撤退で関連スタジオの閉鎖やレイオフが深刻化

その他 その他

長年続いた『ギターヒーロー』フランチャイズの凍結を明らかにし、音楽ゲームジャンルの事業から撤退の動きさえを見せるアクティビジョンですが、この方針転換に伴うゲームスタジオの閉鎖やレイオフは深刻な状況のようです。

Joystiqの報道によると、ロサンゼルスを拠点にするアクティビジョン傘下のスタジオで『Scratch: The Ultimate DJ』などを手掛けた7 Studiosは、約半分のスタッフが退職手当付きで解雇され、残り半分のスタッフに関しても残り120日間で契約が打ち切られるとのこと。

また、ニューヨークのスタジオで『ギターヒーロー』の次回作を開発する予定だったVicarious Visionsもレイオフに見舞われており、スタジオ全体の4分の1に当たる約50名のスタッフが職を失ったと報じられています。

一方、同じくレイオフが噂されていた『DJ Hero』のスタジオFreestyle Gamesの今後に関しては、現在アクティビジョンと話し合いの段階であるため、最終決定は行われていない様子。

尚、『DJ Hero』の公式サイトに掲載されたFAQによると、『DJ Hero』及び『ギターヒーロー』タイトルの追加DLCソングやミックスパックは、既に発表されているものに限り今月いっぱいは提供するそうですが、それ以降に関してはリリースできないとのことです。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら