ディズニー、ゲーム事業はデジタル分野にシフト・・・上層部人事からも | GameBusiness.jp

ディズニー、ゲーム事業はデジタル分野にシフト・・・上層部人事からも

その他 その他

ここ数日、ディズニーのゲーム部門であるディズニー・インタラクティブ・スタジオのレイオフの話題が増えていますが、Varietyはその動きを上層部の人事から説明しています。

それによれば、デジタルへのシフトが鮮明になったのは昨年9月のディズニーのインタラクティブ・メディア・グループのトップであるSteve Wadsworth氏の退社から。そこを埋めたのはディズニーが4億ドルを投資して買収したソーシャルゲームのPlaydomのCEOであるJohn Pleasants氏やヤフーから迎えたJimmy Pitaro氏。

さらに11月にはゲーム部門を8年間率い、ディズニーのゲーム事業の道筋を作ってきたGraham Hopper氏が退社。今までとは違う路線を行くことが決定的になりました。

既に傘下のスタジオ、プロパガンダ・スタジオ、ジャンクション・ポイントでレイオフを行っていて、内部からの情報によれば総勢200人にも上るとのこと。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら