ニンテンドー3DS、北米での発売は3月27日・価格は249.99ドル | GameBusiness.jp

ニンテンドー3DS、北米での発売は3月27日・価格は249.99ドル

任天堂オブアメリカのReggie Fils-Aime社長兼COOは、ニューヨークで開催しているニンテンドー3DSのプレス発表会にて、北米での発売日を3月27日、価格を249.99ドルとすることを発表しました。

その他 その他
任天堂オブアメリカのReggie Fils-Aime社長兼COOは、ニューヨークで開催しているニンテンドー3DSのプレス発表会にて、北米での発売日を3月27日、価格を249.99ドルとすることを発表しました。
  • 任天堂オブアメリカのReggie Fils-Aime社長兼COOは、ニューヨークで開催しているニンテンドー3DSのプレス発表会にて、北米での発売日を3月27日、価格を249.99ドルとすることを発表しました。
  • 任天堂オブアメリカのReggie Fils-Aime社長兼COOは、ニューヨークで開催しているニンテンドー3DSのプレス発表会にて、北米での発売日を3月27日、価格を249.99ドルとすることを発表しました。
任天堂オブアメリカのReggie Fils-Aime社長兼COOは、ニューヨークで開催しているニンテンドー3DSのプレス発表会にて、北米での発売日を3月27日、価格を249.99ドルとすることを発表しました。

発売日から6月のE3頃までに30タイトル程度が登場するとのこと。具体的なロンチを含めたラインナップはイベントでは明らかになっていません。サードパーティからはコーエーテクモの早矢仕洋介プロデューサーやEA Sportsのピーター・ムーア氏がコメントを寄せていました。新作ではルーカスアーツの『Lego StarWars III: the Clone Wars』がスライドで確認できました。

そのほかこれまでに公開されていなかった情報をまとめます。

オンラインで対戦するための「フレンドコード」は3DSでも必要。ただし、これまではタイトル毎に異なるコードであったのが、本体に対して1つのフレンドコードがある形なので非常に簡略化され遊び易くなりました。ちなみに本体のLEDの色で通信状況が分かるようになっているらしく、オレンジだと友達がオンライン、グリーンだとローカルで通信をしていることを示すそうです。

ゲームボーイのタイトルが用意されるというバーチャルコンソールについては詳細は明らかになりませんでしたが、映像でストアの様子が紹介。マリオシリーズのラインナップが揃っている事が確認できました。また、ゲームボーイカラーのタイトルも登場するようです。ストアはとても買いやすいように改善されているようです。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら