Klab「恋してキャバ嬢」のヒット要因と今後の取り組み・・・12月24日付け新聞記事 | GameBusiness.jp

Klab「恋してキャバ嬢」のヒット要因と今後の取り組み・・・12月24日付け新聞記事

その他 その他

12月24日付けの日経産業新聞は、「ザプロデューサー」で、KLab取締役の森田英克氏を紹介している。

ソーシャルゲーム業界で、KLabの知名度が高まっているが、そのきっかけは「恋してキャバ嬢」だったという。「mixiモバイル」や「モバゲータウン」、「GREE」などで提供中。簡単な操作や、かわいらしいグラフィックで、女性を取り込み、登録会員数は、2009年12月のサービス開始から約半年で300万人、8カ月弱で400万人となり、現在は500万人に達しているとのこと。

今後の展開は、ゲームの配信先の拡大。「ニコニコ動画」に開設された「ニコニコアプリ」に3タイトルを順次配信するが、中でも「キャプテン翼」を題材にしたタイトルが目玉となるようだ。「キャプテン翼」初のソーシャルゲームで、原作に登場する選手を集めて、自分だけのチームをつくり、必殺技を身に付けて、原作チームやユーザー同士で対戦できる、としている。
《木村英彦》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら