任天堂、11月にWiiを120万台、DSを150万台販売・・・北米 | GameBusiness.jp

任天堂、11月にWiiを120万台、DSを150万台販売・・・北米

その他 その他

減速が伝えられるWiiやDSですが、ホリデーシーズンにはさすがの強さを発揮しているようです。
  • 減速が伝えられるWiiやDSですが、ホリデーシーズンにはさすがの強さを発揮しているようです。
  • 減速が伝えられるWiiやDSですが、ホリデーシーズンにはさすがの強さを発揮しているようです。
減速が伝えられるWiiやDSですが、ホリデーシーズンにはさすがの強さを発揮しているようです。

任天堂オブアメリカは2010年11月の米国でのWiiの販売台数が120万台、DSが150万台になったと発表しました。これは独立系の調査会社NPD Groupが集計したものです。

「内部の数字では任天堂はサンクスギビング(感謝祭)の週だけで60万台のWiiを販売しました。これは昨年を5万台上回っています」とCharlie Scribettaコーポレートコミュニケーション担当上級副社長は好調さを強調しています。

任天堂はホリデーシーズンに合わせてスーパーマリオ25周年を記念した特別版のレッドのWiiを投入したほか、DSi LLでもマリオバージョンを発売。さらにDSiに『マリオパーティDS』を同梱したオレンジとグリーンのパッケージを用意しました。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら