ソニー社長後継人事、SCE平井社長の名前も候補に | GameBusiness.jp

ソニー社長後継人事、SCE平井社長の名前も候補に

その他 その他

ブルームバーグによれば、ソニーはハワード・ストリンガー会長兼CEOの後継社長人事の検討を開始したとのこと。

ストリンガー体制では会長兼CEOのストリンガー氏と、社長の中鉢良治社長という体制でスタートしましたが、権限を集中させるため2009年からはストリンガー氏が社長も兼任してきました。後継社長が決定した後もストリンガー氏は会長兼CEOに留まる見通し。

報道では後継候補として4名の名前が挙がっており、現在執行役エグゼクティブ・バイスプレジデント・ネットワークプロダクツ&サービスグループ担当を務めソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役社長兼グループCEOを務める平井一夫氏の名前もあります。

平井氏は幼少期から北米での滞在歴が長く、国際基督教大学を卒業後、CBS・ソニーを経てSCEAに入社。SCEAで上級副社長兼最高執行責任者を務めた後、日本に戻り、2007年より久多良木健氏の後を継ぎ、プレイステーションビジネス全般を統括しています。2009年からはソニー本社でゲームやVAIOなどの事業を統括するネットワークプロダクツ&サービスグループを担当するエグゼクティブ・バイスプレジデントの職にも就いています。

その他、名前が挙がっているのは、テレビ事業を統括する吉岡浩氏や、その元で活躍する石田佳久氏、VAIO事業を統括する鈴木国正氏の3名です。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら