「Wii 2」は米国で4500万台普及するまで考えない―米国任天堂レジー社長 | GameBusiness.jp

「Wii 2」は米国で4500万台普及するまで考えない―米国任天堂レジー社長

任天堂オブアメリカのReggie Fils-Aime社長兼COOは、定期的に噂に上がる「Wii」の後継機について、「米国で4500万台を達成したら話を始める」とKotakuに対してコメントしました。

その他 その他
任天堂オブアメリカのReggie Fils-Aime社長兼COOは、定期的に噂に上がる「Wii」の後継機について、「米国で4500万台を達成したら話を始める」とKotakuに対してコメントしました。
  • 任天堂オブアメリカのReggie Fils-Aime社長兼COOは、定期的に噂に上がる「Wii」の後継機について、「米国で4500万台を達成したら話を始める」とKotakuに対してコメントしました。
任天堂オブアメリカのReggie Fils-Aime社長兼COOは、定期的に噂に上がる「Wii」の後継機について、「米国で4500万台を達成したら話を始める」とKotakuに対してコメントしました。

Reggie Fils-Aime社長はニューヨークで開催されたカンファレンスで、米国でのWiiの普及台数は既に3000万台に達したと述べ(米大陸全体で9月末時点で3591万台)、これは過去に発売された全てのハードの中で最も勢いがあるものだとしました。2番目に早かったプレイステーション2の23%早い普及ペースだとのこと。現在は年間で500万台程度のペースです(米大陸)。

また、Kotakuが「ホリデーシーズンの発売にこだわるか?」と質問したところ、「No」という回答だったということです。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら