イストピカ、ディー・エヌ・エー出資のファンドから2億円を調達・・・海外展開も本格化 | GameBusiness.jp

イストピカ、ディー・エヌ・エー出資のファンドから2億円を調達・・・海外展開も本格化

その他 その他

『ビストランテ』(モバゲータウン)や『ともだち市場 ザッカニア』(グリー)などを展開するイストピカは、ディー・エヌ・エーが出資するインキュベーションファンド1号投資事業有限責任組合を割当先とする約2億円の第三者割当増資を行ないました。

イストピカは『ビストランテ』でディー・エヌ・エーと共同開発するなど協力関係にありましたが、同ファンドからの出資を受けることで、事業展開や組織体制を強化していきたいとしています。

また、海外展開についても活動を本格化していくとしています。

イストピカは2009年1月の設立。国内のソーシャルゲーム市場が立ち上がる以前より始動し、実績を積み上げてきました。現在の社員数は東京と大阪で約40名ですが、今後も積極的な採用を続けていくとのこと。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら