ニンテンドー3DS、2011年2月26日発売、価格は25000円 | GameBusiness.jp

ニンテンドー3DS、2011年2月26日発売、価格は25000円

任天堂は、本日午後より開催したニンテンドーカンファレンス2010にて、ニンテンドー3DSの発売日を2011年2月26日、価格を25000円と発表しました。

その他 その他
任天堂は、本日午後より開催したニンテンドーカンファレンス2010にて、ニンテンドー3DSの発売日を2011年2月26日、価格を25000円と発表しました。

年内発売を期待した向きも多く、会場では失望の声も聞かれました。

一方で、任天堂の『新・光神話 パルテナの鏡』をはじめとして、ライセンシーから登場する『METAL GEAR SOLID SNAKE EATER』『スーパーストリートファイター4 3D Edition』『レイトン教授と仮面の奇跡』などのラインナップは粒ぞろいで、評価が高いようでした。

本体には2GBのSDカードのほか内蔵ソフトとして『ニンテンドー3DSカメラ』『ニンテンドー3DSサウンド』『Miiスタジオ』『すれちがいMii広場』『ARゲームズ
『思い出きろく帳』が用意されます。

ダウンロードストアについての詳細は明らかにされていませんが、DSiウェアのようなダウンロード販売も用意されます。また、バーチャルコンソールとしてゲームボーイやゲームボーイカラーのゲームが提供されることが公表されています。

通信機能の強化も特徴の一つで、「すれちがい通信」では本体に挿入されてないソフトを含む複数のゲームが通信できるようになりました。また、「いつの間に通信」が新たに追加され、スリープモード中に自動的にインターネットに接続しコンテンツを届ける事が出来ます。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら