キャミー・ダナウェイ氏が任天堂を退職、WiiやDSのヒットに貢献 | GameBusiness.jp

キャミー・ダナウェイ氏が任天堂を退職、WiiやDSのヒットに貢献

その他 その他

任天堂オブアメリカのセールス&マーケティング部門上級副社長であるCammie Dunaway(キャミー・ダナウェイ)氏が、2010年10月1日をもって同社を退職することが明らかになりました。Dunaway氏は今後ゲーム業界から退き、新たな職務に就くそうです。

「Cammieの任天堂への貢献と何百万もの人々にWiiやDSを提供した役割に感謝します」とReggie Fils-Aime社長はコメント。一方のDunaway氏は、「任天堂で過ごした時間に感謝すると共に、任天堂のユーザーを増やした私のチームの成果を誇りに思っています。この先何年も任天堂ブランドが拡大し続けるのを見守りたいです」とコメントしています。

YahooのCMOなどを経験したDunaway氏は2007年11月に入社、ニンテンドーWiiやDSの大ヒットにおいて重要な役割を果たした人物だと言えます。Dunaway氏の新たな職種は明らかになっていません。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら