Unity、5周年を迎える・・・17万人のゲーム開発者が利用 | GameBusiness.jp

Unity、5周年を迎える・・・17万人のゲーム開発者が利用

その他 その他

米国のUnity Technologiesは、2005年のアップルの開発者向けカンファレンスWWDCで発表してから、5周年を迎え、これまでに17万人のゲーム開発者に利用されてきたと発表しました。また、Unity Web Playerは3000万人にインストールされています。

「Unity」はウェブ、iPhone、iPad、PC、Mac、Android、Wii、Xbox360、PS3向けのゲーム開発に使用されるゲームエンジンで、非常に手軽な利用が可能ということもあり、特にiPhone向けを中心に世界で広く利用されるエンジンとなっています。

その設計思想は「ゲーム開発の民主化」であり「誰もがリッチな3Dインタラクティブコンテンツを制作できる環境作り」です。「Unity」は高度化されたGUIを備え、誰もが簡単にクロスプラットフォームでパワフルなコンテンツ作りに携わる事が出来ます。結果としてiPhoneやiPadで最も利用されるゲームエンジンとなり、かつウェブ上のコンテンツ制作にも多くの著名なクライアントに利用されています(Axe、ワーナー、コカコーラ、LEGO、ペプシなど)。

「私たちは非常に洗練され生産性の高い最先端のエンジン技術を備え、かつシンプルで利用し易いライセンス形態を備える事で、ウェブやモバイルの分野で大きな地位を築く事が出来ました。この僅か5年の間にUnityはギークの寝室から遙かに広がるメインストリームまで到達することができます。私たちは今後も革新性を維持し、さらなるゲーム開発の助けとなるべく開発を進めてまいります」とUnityのCEOであるDavid Helgason氏は述べています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら